こんぴらうどん(琴平)

琴平町こんぴらうどん店舗 場所 仲多度郡琴平町
見つけにくさ 実は見つけにくい。完全に琴参閣の裏だから
うどんの旨さ なつかしい旨さ
値段 普通(1玉100円〜150円を勝手に普通とします)
雑感  ある日高見沢(違うな(^_^;))、K山くんより、「一度ここに行ってみて下さい。」とのメールをいただきました。そこで、18切符を利用して徒歩にて行って参りました。
 製麺スペースの傍らで食べる店ですが、きっちりとしたきれいな製麺スペースのお店です。で、一口食べました。するとその味が突然、脳内の「過去の記憶をしまっている引き出しのセンサー」に反応しました。そこで瞬時に思い浮かんだのが「あ、運動会の味や(^^)」 なんかとても懐かしい味でした。とは言え、昔書いた「運動会系うどん」はどちらかと言うとマイナスイメージだったのですが、この「運動会の味」はほのぼのとした幸せな味でした。写真を見ていただいておわかりのとおり、かけとしょうゆを食べました。かけはうすダシですが、決して「水っぽい薄さ」でなく、うどんといい感じで調和していますし、しょうゆはダシしょうゆをかけて食べましたが、こちらはかけよりも旨いと思いました。
 麺はエッジがしっかりとしていて、立体感もあり、旨みもそこはかとなくありますが、たまらん旨いというわけでもありません。しかしながら、「なんとなくえーなー」といううどんです。先述の、しょうゆの方が旨く感じたことからも、、ここの麺はなかなかいいものだと思います。ホテル1つ挟むと、観光客がいっぱいいて、そこにあるうどんやはどこも1杯がここの3〜5倍はする値段をつけていますが、ここはその立地からか普通の製麺所の値段です。観光客のみなさんは、この店に気がつく事はほとんどないのでしょう。ちくわ天が普通でした。
琴平町こんぴらうどん  うどんやめぐりにもどる

  Topにもどる