弁護士事務所が必要とされている過疎地域

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

弁護士事務所 名古屋み

ビル

弁護士事務所が必要とされている過疎地域

弁護士は多くが自ら弁護士事務所を構えて、あるいは弁護士事務所に所属して仕事をしています。
名古屋でも多くの弁護士が、弁護活動を行っています。
これらの事務所は東京などの大都市に集中しているのが現状です。
裁判所があるところには少なからず存在はしていますが地方都市になると事務所が一つしかないところや、一つもないところも存在しています。
このような地域を司法過疎地域と呼んでいます。
弁護士会ではこのような司法過疎地域の人たちが、法律サービスを受けることができるように弁護士会でその地域に法律事務所を作って、そこに一定の間弁護士を派遣して勤務するような体制を作っています。
このような過疎地域へやってくる弁護士は都心の事務所で勉強をした若手が多くなっていますが、現地ではとても歓迎され仕事に追われています。
今後は法テラスが住民に対する法律情報サービスの役割を担ってくるようになりますが、公設事務所も必要とされ続けています。